スドー ロックシェルターをきれいに。

カブトニオイガメ水槽に使用中のスドーロックシェルターHG LH。

これに深くコケが付着して困っている人はいないのだろうか。
そもそも水中で使用している方が少ないか。
20200229_214228.jpg
上のようにみどりみどりになってしまい、いくら擦っても取れなくなってしまった。

20200722_201747.jpg

これをバーナーで炙ると綺麗になりました。
カブトニオイガメの甲羅は・・・。
という記事です。




スポンサーサイト



ポリプテルス・エンドリケリー飼育開始

こうしてブログを書くのも久しぶり。
一時期の熱心さはどこかに。
もう一つの釣りブログは割と熱心に書いているのだけど。

ポリプテルス・エンドリケリー購入


20年ぶりにポリプテルス・エンドリケリー幼体を4月4日に購入。
1680円だったか。
数年前からペットショップで見るにつけ随分と安くなったんだなーと思っていた。

エンドリケリー
エンドリケリー

12cm程度

20年前は40cm程度の個体を1万円前後の値段で買ったような覚えがある。
どうやって亡くしてしまったかも忘れてしまった・・・。飛び出しだったような気もする。

このような幼体から飼うのは初めてだけど、餌付きの良さにびっくり。
こんなもんだったかろうか。

ただ驚かしてしまったときの気が狂ったように縦横無尽に泳ぎ回る様は、大きくなってこのモードに入ったらと思うと・・・。

そして次の日はマゴチ釣りに。
マゴチとエンドリケリーなんて似てないといえば似てないけど、なんとなく共通点もあるような。

チャームにて1380円。ちょっとしたハゼぐらいの値段。ハゼに失礼か。

暖突Lの取り付け

暖突取り付け記事シリーズをサイズごとにいちいち記事にしてしまいすみません。
ロングサイズは350ml缶1本分の高さだが、Lサイズは2本分の高さ。
暖突L

これまでSサイズの取付け方ロングサイズの取付け方を記事にしましたが、
Sサイズはケースバイケースやグラステラリウムのようなタイプのガラス水槽へ、ロングサイズは木製ケージへの取り付けについてでした。

今思うと上部が金網メッシュのケージならばメーカーが想定している様に上部の金網にワッシャーで挟み込むように取り付けるのが余計な事をしなくていいし、正当かと。

今回のLサイズは犬用ケージへの取り付けです。
ただ木製ケージやケースバイケース風のものにも応用はできるかと。




これまでS、M、ロングと購入してきましたがついにLサイズを購入しました。
というのも最近は早朝5時くらいからのケージ内での暴れっぷりがオスに限って凄く、ガラス面への体当たりでガチャガチャうるさくてゆっくり寝れません。

そこで毎朝、犬用の金網ケージに移して一段落。
人間はもう一寝入り。

しかし、部屋の暖房とバスギングライトは付けているものの、少し全体的な温度が低いかもと懸念していました。
このため、暖突Lサイズの購入に至った訳です。
購入金額は7860円送料750円でした。


取付け



今回は犬用の大きなケージへの取り付けのため、網の間隔も広く、網の間隔も広いため一工夫が必要でした。

環ボルトやヒートン(ネジ頭を丸く曲げてあるネジ)の様な頭が環状になっているネジ類を暖突の取り付け穴に取り付けて、その環に紐なりワイヤーなりを通してケージの上部に結び付ければ簡単です。高さ調整ワイヤー長さを変えれば済みます。


しかし暖突取付け穴は暖突の他のサイズと変わらず3mmのため、このサイズの環ボルトは見つけることができず、ヒートンは先が尖ったものしかありませんでしたので使えません。


暖突取付け補助金具

結果、L字ステーとWリング(スプリットリング)を組み合わせることに。
この組み合わせを自分で思いついたときはスッキリしました。
取付け金具
暖突取付け拡大

暖突取付け状況


組み合わせが思いついたら簡単なものであっという間に取り付けることができました。
私はたまたま釣り用のスプリットリングプライヤーを持っていたのでリングのこじ開けに苦労しませんでしたが、もし持って無かったらあった方が今後の取り外しや、高さ調整の際にも使えるのでお勧めです。無ければマイナスドライバーで。
リングプライヤー



高さ調整はワイヤーか紐でそのうち吊り下げてしようと思い、今回はケージ上部に直にリングを廻してしまいました。

ワイヤーや紐ではなくチェーンを使い、チェーンのもう方端にもリングを通すと高さ調整はより楽になると考えていますが未実施です。

また木製ケージの場合は方端をヒートンネジを使ってケージ上部にネジこんでそこに吊り下げてしまえば良いかと思います。


暖突取付け状況

暖突取付け状況






タグ: 暖突  取付け  みどり商会 

テラリウム水槽 タートルテラリウム600

多分、1年かそこら前から販売されはじめたGEX EXO TEREAタートルテラリウム。
発売当初から欲しいと思っていたものの時が経ってしまっていた。

現在のテラリウム水槽は以前も記事にしたアクアシステム45cmのもの。
もう幕状の緑のコケが大繁栄で崩壊気味。

内心は水量が少ないからこうなったと水量のせいにしたいのだが、これより少ない時もこうなったことは無いので原因がよく分からない。

まー45cmよりは60cmにしたくなるのは世の常ということで。

いざ購入しようとすると60cmサイズを在庫している店は現状では皆無。
45、30cmは普通にあるのに。
60cm水槽で前面が低い水槽はあまりないし、前面の高さが結構低かったりする。

タートルテラリウム600は前面が30cm、後面が40cm、奥行が30cm。
上部は後面から20cm弱のところから前面に向けて斜めにカットしてある。
大抵のテラリウム水槽は前面高さはあっても20cmしかないんじゃないだろうか。

もはや普通の標準水槽で良いといえばそれまでなのだが。

なんとかオークションで60cmの中古品を手に入れることができた。




この後に一度水を入れてテスト稼働。
また茶ゴケだらけに。

無駄に照明時間が長かったので今度は短くして様子を見ることに。



30cmはまだ販売しているところが多いが、45cmは徐々に少なくなっている感がある。





オーバーフロー水槽導入記録【設置編】

さて、水槽と水槽台は揃った。
水槽もセットみたいなもんで排水、給水パイプやピストル管も付属している。

後は、揚水ポンプ、濾過槽、配管の接続及び接着をどうするかだ。

と、その前にバックスクリーンはいつもの車用フィルムを貼り付け。



揚水ポンプ


ポンプはエーハイムの1250があるのでこれを使用することに。

普通のエーハイム2213や2215サブフィルターに接続していつか使おうと思って中古品を買っておいたのが役立ちそう。一度もやったことないけど。

高校生の時はこの水中ポンプが高くて買えずにオーバーフロー水槽計画が頓挫したのに今や随分と手に入れやすいものになったと感じる。
自分が社会人になったからかもだけど。

濾過槽


これまた高校生の時に買ったオーバーフロー水槽セットの濾過槽。
お盆に実家で発掘して送ってきたもの。
アクリル製で50cmx35cm程度で2槽に分けられている。
実家にあった底面に敷く塩ビのパンチングスノコは結構な汚れだったので、これは別に用意しないといけない。




配管の接着


水槽の説明書に接着する場所としない管は明記されている。初心者にはありがたい。

メンテナンス性など考えずにいたるところを接着する勢いだった。

驚いたのは水槽内部にあって水位の決まる管であるVU50オーバーフローパイプを接着しないとしているところ。

コーナーカバーが接着されているものや、3重管構造になっているものなら抜けたとしても濾過槽内の水量だけ溢れるだけだと思うのだが、このレグラスはコーナーカバーはスリットに差し込んであるだけなので、このパイプが抜けたら飼育槽内の水全てが濾過槽内に落ちることになるはずだけど。

ちょっと怖い気もするけど今の私には思いもよらない接着して困ることがあるんだろうと考え説明書に従い接着しないことに。

水槽下側からのVU50は接着することとなっている。
ずっと落下する飼育水の水圧がかかるから当然か。

いや、水槽動かせなくなるし。
台ごと動かせば良い話だったりパイプ切ればいいってことなんだろうけど。
外れてたとしても濾過槽内のポンプが濾過槽内の水を全部空にしてしまうまでで、溢れても濾過槽内の水量分ぐらいだし。濾過槽の大きさによってはそれが大問題なのだろうけど。
ひとまず保留。

水槽内側のオーバーフロー管は水を入れると水槽上端から約3cmの水位となってしまったのでさらに2cm程度切断し、水位を少し下げることに。
なかなか塩ビ管はまっすぐ切るのが下手で・・・・。
vp25ぐらいまでならパイプカッターを使って切れるのだがvu50にも使えるパイプカッターともなると高いので今回は見送り。

ノコギリが悪いのかと思い、塩ビ専用品ノコギリパイプソーを買ってみたけど普通のノコギリと大差は無かった。
ノコギリで切断した後にヤスリで、できる限りまっすぐ整えることでなんとか許容範囲に。

結局、水槽下側のオーバフロー管VU50 は接着していないままだけど、もしすっぽ抜けたらいけないので、配管支持金具の吊りバンド自在ベース付きと共羽小板を組み合わせて水槽台にネジで固定。
エルボから延びる濾過槽への配管をここで支持して配管抜けを防止。
オーバーフロー配管
水槽直下はVU50用ユニオンナットを使用して、いざというときはユニオンナットを緩めてピストル以下の配管の角度を変えれるように。
吊りバンドをつけた時点でピストルの角度は変えれなく無くなってしまうが、いざというときは吊りバンドの位置を変えればいい。


ウールボックス


ウールボックスの存在の認識すら無いに等しかったのが実情。

単純に濾過槽のろ材の上にウールでも敷いておけばいいぐらいに考えていたが、わざわざ別のボックスとして用意するのが世の習いらしい。

調べでみるとウールボックス単体という販売もあまりなく、あったとしても意外に安くもないことに尻込みする。


結局はガラス製のスーパークリア アクロ オーバーフロー 60cm水槽専用 ウールボックスが他と比べて安い。

写真が未掲載のため心配だったがこの濾過槽にはサイズ的に悪くなさそうだと思い注文。




ウールボックス下部排水管


写真の穴の空いたパンチングボードや蓋は付属していない。
下部の排水はVU50管がはまる径ですが、ガラスと塩ビの間をシリコンで埋めてあるだけなので力を入れすぎると外れてしまった。

濾過層の上に乗せることができるサイズだが、水槽の上に乗せるとキャビネット内部でかなり上の方まできてしまう。水槽下のピストルまでの配管を短くすればなんとかなりそうではあったが、それにしても窮屈になりそうだったので濾過層内にアクリルを接着して棚を作ってウールボックス下部を濾過層に入れてしまうことに。



アクリル加工


上記のウールボックス下部のパンチングボードや濾過層本体下部のパンチングボードを作るというか穴を空けまくるのはかなり疲れたが、今回は各所でアクリルを切断、接着することを余儀なくされたため、良い経験になった。

切断も疲れるし、切り屑が散らかるので面倒には変わり無いけど、慣れると割合正確に加工できると感じた。


穴あけは専用のアクリルビットを使うときれいにできたが購入したのが4mmのビットのため、通水性が悪いかもしれないと思い、できる限り1cmピッチの穴あけを行った。相当な数の穴を空けないといけないのでかなりの時間を費やしてしまった。

アクリル板は近所のホームセンターで545x320mm3mm厚みのものを1980円で購入したが、後日アマゾンで1280円で販売されていること知りもう一枚購入。同サイズの2mm厚ならば836円であり、濾過槽の蓋はこちらを使用することに。
ただ2mm程度では反りがひどく蓋としての機能と見た目は良くない。

この値段ならばウールボックス自体もアクリルで自作しても良かったかもと今になって思う。









続きを読む»

ショップリンク
チャーム楽天市場店
ディスカウントアクア
ナチュラム 水耕栽培専門店エコゲリラ
RecommendRanking

第1位
45~75cm水槽用外部式フィルター エーハイム2213

45~75cm水槽用外部式フィター エーハイム2213
価格:5,300円(税込、送料込)

レビューには過去に¥3000ぐらいで販売されることもあるとのこと。
経過日数
今日はホルスフィールド仔ガメが誕生して
日目です。
カテゴリ
プロフィール

HARUZOW

Author:HARUZOW
2013年10月17日開設

現状ではその兆しは皆無ですが、少しでも誰かの役に立つ情報を発信していけたらと思います。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
ブログランキング

FC2Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング